【4月25日】UIカイギ南加賀を開催します

昨年、初開催し、想定よりも多くの方にご参加いただき大好評により幕を閉じた南加賀よそもん会。

そこからさらに内容をEATLABらしくアップデートして、この地域のUターンやIターンの移住者のみなさんとこの地域のUI(ユーザーインターフェース)を考える『UIカイギ南加賀』を開催することになりました。

まずはこの春、転入の多い季節でもある4月25日(土)に、新たに転入されてきた方の歓迎も兼ねて『第1回UIカイギ南加賀』を開催したいと思います!

昨年の南加賀よそもん会の様子はこちらから↓

▼南加賀初!よそもん会を開催

UターンもIターンも、南加賀エリア以外からも!

UIカイギ南加賀は、南加賀エリアにお住いの方をはじめとするこのエリアにUターンまたはIターンで移住された方を対象に開催している交流会です。

UターンやIターンの定義は厳密には問いませんが、基本的には少しでも石川県以外の地域に住んだことがあり、外の文化や暮らしに触れたあとにこの地域に移住してきた方なら誰でも参加可能です。

もちろん昨年の南加賀よそもん会にご参加いただいた方でも、今回はじめての方でも、お住いが厳密に言うと例えば金沢など、南加賀エリアでなくても参加可能です。

地域の移住者の方が手がけている取り組みを知る機会に

この『UIカイギ』は、ただ飲んで食べて交流するだけでなく、毎回3名のスピーカーの方に、この地域で手がけている取り組みをご紹介いただく時間(各10分ずつ)を用意します。ここに来るとこの地域で様々な取り組みを知れるのも『UIカイギの魅力』。取り組みの大小は問いませんが、ぜひとも自分たちが暮らしていく地域をより楽しいものにしようと取り組んでいる方のご紹介をお待ちしています(スピーカーは事前に決めますのでもしご推薦がある方は事務局まで)。

ちなみに、今回のスピーカーはこの3人

 

左から順に、

鵜川瞬也/ninnikodesign(ニンニコデザイン)

小松市出身。学生のときから含め10年間の東京を経て小松にUターン。フリーランスのデザイナーとして手がけるデザインはグラフィックや内装からオリジナルのコーヒーブランドまで多種多様。小松市最大にして250年の歴史を誇るお旅まつりでは地元八日市町の五人衆も務めた。

新道雄大/EATLAB株式会社

小松市出身。東京でのベンチャー経営、フリーランス期間を経て小松にUターン。地域の食文化をITの力を使ってアーカイブし発信する拠点としてEATLABを創業。データサイエンティストとして普段は主にインターネット上の様々な情報と向き合うかたわら、これからこの地域で面白く暮らしていくためのリアルな場づくりに取り組む。

藤永晋悟/ARABIKIと工藝

東京都出身。文化服装学院卒業。アパレル企業にてバイヤー等を経験後、国内外のブランド発掘やプロデュースを手掛ける。2016年に㈱ONTOSを立ち上げ、コミュニティ デザイン・プランニング業を行っている。東京から家族で石川県加賀市に移住。「物産コーディネーター」と名乗り、この地で出会った歴史ある工芸品や特産品に新しい価値を生み出して発信している。昨年からは温泉街で月に一度だけ開くお店【ARABIKIと工藝】を主宰。

地元の食文化を体験できるケータリングを用意

当日は、開催時間が夕方から夜ということもあり、交流しながら飲んだり食べたりできるようにケータリングを用意します。

前回は、食文化の発信地であるEATLABらしく、イノシシの解体ショーや柿の葉寿司、ふぐの卵巣こんか漬けのポテトサラダなど、地元の食文化を体験できるケータリングをご用意しました。

移住してきた方がこの地域の食文化に触れることのできるようなお料理をたっぷりご用意したいと思いますので、今回も、どんなケータリングになるか、お楽しみに!

『UIカイギ南加賀』イベント概要

日時:2020年4月25日(土)

時間:18:00-21:00(入退場自由)

場所:EATLAB

   小松市園町ハ96-1 T-place1F

内容:UIターン移住者交流会

   自己紹介タイム(1人1分)※希望者のみ

   地域の食文化を体験できるケータリング

   差し入れも大歓迎!

定員:30名

会費:3000円(料理飲み物込み、アルコールもあり)

申し込み方法:以下お申し込みフォームよりお申し込みください。

お申し込み

ご参加される方はそれぞれ以下のフォームよりお申し込みください。お子様は小学生まで無料になります。お子様連れの場合には備考欄にておしらせください。







するしない